採用情報CAREERS

TOP採用情報

先輩の声Senior voice

  • 本田拓海熊本学園大学
    資材部/2019年 入社

  • 仕事内容
    私が所属している資材課は、主に会社で使用する物を管理している部署です。具体的には、事務所で使用するペンから工場で作る製品に使う大きな鋼板まで、会社で購入するものは全て、私が所属している資材課が購入しています。その他にも、購入した物の在庫や納期の管理、仕入れ先と価格の交渉なども行っています。場合によっては工場から「こういった物が欲しい」と言う要望があり、その要望に合った物を探すこともあります。普段生活していると知ることが出来ない様々な種類の部品や工具などを知ることが出来ますし、納期を調整して間に合わせたり、値下げ出来たときは、とてもやりがいを感じます。
    入社理由
    幼い頃からとにかく物づくりが好きで、プラモデルを作ったり、DIYをしたりしていたので、就職する時は絶対に製造業の仕事に就こうと考えていました。他にも色々な製造関係の会社を見学しましたが、実際に工場を見て、働いている人の雰囲気が良く、自分が働く姿もイメージしやすかったのがオカダNANSEIだったので、ここで働こうと決心しました。福利厚生も充実していて休みがしっかり取れそうという点も、この会社に決めた理由です。
    会社の雰囲気、目標
    入社して数か月は工場に居て、現在は事務所で業務をしているので、多くの社員と接する機会があったのですが、作業で分からないことがあって悩んでいると、先輩方の方から話しかけて教えてくださったり、違う部署の方たちも話しかけてきてくださるので、自分から質問したり発言もしやすくて、とても仕事がしやすい環境です。いち早く出来るだけ多くの仕事を覚えて、会社のために沢山意見を出せるようになりたいです。
    学生へのメッセージ
    私自身、大学に入学した時はそこまで自分の就きたい仕事と言う物を意識しておらず、大学で勉強しながら考えようと思っていました。しかし、就活の時期が近づいてもなかなか就きたい仕事を見つけることが出来ずにいました。就活が始まり、取り敢えず自分が勉強していたからと言う理由で、英語を使う仕事と、自分が小さいころから続けていた事と言う理由で、物づくりに関係する仕事を探しましたが、調べていくうちにやはり物づくりが好きだから好きなことを仕事にしたいと思い、製造業に就きたいと強く思うようになりました。また、会社を見学した時に最も重視していたのが職場の雰囲気で、オカダNANSEIが最も良かったと感じたので入社しましたが、仕事がとてもやり易く、仕事の内容も自分が好きな事なので、とても楽しくてもっと色々な事をしたい、知りたいと思うようになり、仕事へのモチベーションも下がる事無く仕事ができています。個人的なアドバイスとしては、出来るだけ多くの会社を実際に見学してみて、職場の雰囲気を見て、自分がそこで働く仕事をイメージできるか、長く続けることが出来るかというのを第一に、会社を選んでみることをお勧めします。
Copyright© 2018 Nanseikikai Co., Ltd. All rights reserved